地震・災害

2019年 筒粥神事の結果は『三分五厘』 要注意の年になるのでは…との声も

投稿日:2019年1月18日 更新日:

17

1月14日夜から15日早朝にかけて「諏訪大社下社春宮」で行われた『筒粥神事(つつがゆしんじ)

「筒粥人事」は諏訪の七不思議とされ、今年の世相や農作物の作況を占う行事です。

 

2019年の結果が、東日本大震災のあった2011年や、地震や災害の多かった昨年と同様の結果が出たということで2019年も『要注意の年』になるのではないかとしているそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

2019年の結果は『三分五厘』

 

 

 

神託(五分満点)の「世の中」は去年と同じ『三分五厘』という結果に。

 

 

 

 

 

気になる過去の粥占いの結果

 

2011年 三分五厘 過去20年で最も悪い結果。3月に東日本大震災。
2012年 三分六厘
2013年 三分六厘 十勝地方南部地震
2014年 三分七厘 豪雨による広島市土砂災害
2015年 三分七厘
2016年 三分六厘 熊本地震・鳥取中部地震
2017年 三分六厘 九州北部豪雨
2018年 三分五厘 7年ぶり三分五厘。
大阪北部地震・北海道胆振東部地震を代表に多くの地震災害。
豪雨や猛暑など多くの被害。
2019年 三分五厘 二年連続の三分五厘。

三分五厘以外の年でも災害の被害はあるので一概には言えませんが、三分五厘の年は他の年と比べて災害が多いのかな…という印象はありますね。

 

 

 

亥年は災害に注意とのうわさも

亥年は過去に大地震の発生が多い年とされていて、今年も要注意なのではないか?との話も聞かれます。

本当に亥年は地震などの災害が多いのかを調べてみました。

 

1707年(宝永4年) 宝永地震 南海トラフ巨大地震。歴史上日本最大級と推定されている。
宝永大噴火 宝永地震の49日後、史上最後の富士山噴火。
噴火が2週間続き噴出した溶岩石による火災などで甚大な被害
1779年(安永8年) 安永大噴火 桜島が大噴火
1923年(大正12年) 関東大震災 死者・行方不明者10万5千人あまり
1935年(昭和10年) 静岡地震 マグニチュード6.4 9名の犠牲者
1947年(昭和22年) キャスリーン台風 関東地方に大水害をもたらし、2,247名の犠牲者
1983年(昭和58年) 日本海中部地震 マグニチュード7.7 10mを超える津波により被害が拡大。
104名の犠牲者
三宅島噴火
1995年(平成7年) 阪神淡路大震災 マグニチュード7.3 6,434人の犠牲者

 

全てのいのしし年に大災害があったわけではありませんが、結構多いですね…

過去最大と言われる「南海トラフ巨大地震」も亥年に起きていたようです。

もちろん亥年以外にも大災害は起こっているので(東日本大震災は卯年でした)、絶対に今年は危ない!とは言い切れませんが「筒粥神事」の結果も相まってちょっと不安にはなりますね。

 

とにかく一般市民の私たちが出来ることは、何かあった時の為に咄嗟に行動できるような普段からの心構えと、備蓄、家族での話し合いに尽きますね。

 

 

-地震・災害

Copyright© 主婦の知りたいネタの情報発信局 , 2019 All Rights Reserved.